お知らせ一覧

平成30年7月豪雨災害義援金の受付を開始しました

 平成30 年台風第7 号及び前線等に伴う大雨災害により、西日本を中心に甚大な被害が出ました。この災害で被災された方々を支援するため、町社協では下記のとおり義援金(義援金名称「平成30年7月豪雨災害義援金」)の受付及び義援金箱の設置をいたしました。お預かりした義援金は日本赤十字社を通じて被災者へ配分されます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

■受付場所      大泉町社会福祉協議会                           
■受付期限      平成30年12月27日(木)まで                     
■義援金箱設置場所  大泉町役場及び大泉町社会福祉協議会
※領収書が必要な方は町社会福祉協議会窓口まで直接ご持参ください。

義援金は、個人については、所得税法第78条第2項第1号、地方税法第37条の2第1項第1号及び第314条の7第1項第1号に規定する寄付金、法人については、法人税法第37条第3項第1号の規定に基づく寄付金に該当致します。

社協だより7月号を発行しました

社協だより7月号  ー主な掲載内容ー

・大泉町社会福祉協議会役員・評議員紹介

・老人福祉センターよりお知らせ(各イベント案内)

・よぼう仙人のほっと一息

・平成29年度決算報告

       ・地域活動支援センター納涼祭のお知らせ

       ・家族DEボランティアスクール

                   ・・・etc

 

※画像クリックで社協だよりが開きます(PDF)    

第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画を策定しました

町及び町社会福祉協議会では、平成30年度からの5年間を計画期間とした、第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画を策定しました。
この計画は、地域の課題をそれぞれの立場の人が協力し、力を合わせて解決していく「地域ぐるみの福祉」を推進していくものです。

📄第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画(5831KB)

基本理念

みんなで手をつなぎ、広げる笑顔の輪 おおいずみ

基本目標1  みんなでつくる福祉の はぐくみ

地域福祉を支える人づくりとして、地域福祉の担い手となるボランティアの育成や活動団体への支援など、人材の育成や活用を推進します。

基本目標2  みんなで広げる地域の つながり

活動の輪を広げる地域づくりとして、誰もが地域の担い手として主体的にふれあい、支えあいながら、活動できる地域づくりを目指します。

基本目標3  みんなで支えあって生まれる ぬくもり

必要な支援につながる仕組みづくりとして、公的な福祉サービスの量・質的な確保を図るとともに、地域での支えあいも含め、支援が必要な人を支えていける地域づくりを目指します。

基本目標4  みんなが安全で安心できるまちの やすらぎ

防災・防犯などに地域全体で取り組みながら、快適な生活環境の整備を進めるなど、地域の中で誰もが安全で安心して暮らせる環境づくりを目指します。

 

計画の詳細については、🔗大泉町役場福祉課 のページからもダウンロードいただけます。

義援金について

 日赤大泉町分区では、震災等により被害を受けた地域に支援を行うため、義援金を受け付けてまいりました。平成29年度に皆様にご協力いただいた義援金の額は下記のとおりです。

  平成29年度累計額 受付期間
九州北部豪雨災害義援金 210,136円 平成30年9月28日まで
秋田県大雨災害義援金 23,806円 平成29年8月31日受付終了
東日本大震災義援金 2,022円 平成31年3月31日まで
熊本地震災害義援金 1,842円 平成31年3月31日まで
台風18号災害義援金 254円 平成30年3月30日受付終了

 

〇ご協力ありがとうございました 

エコキャップ収集活動のご協力ありがとうございました

 平成29年度も、個人の方や町内の小中学校、企業からたくさんのペットボトルキャップの寄付をいただきました。
 皆さまからいただきましたキャップは、回収業者:「アルファジャパン」を通じて、NPO法人:「世界の子どもにワクチンを日本委員会」へ寄附されます。

平成29年度エコキャップ収集活動結果

収 集 個 数 919,985個
ワ ク チ ン(一人分20円で換算) 534.9人分

ペットボトルキャップ収集BOXの設置場所

〇大泉町保健福祉総合センター  〇大泉町役場  〇大泉町老人福祉センター  〇いずみの杜    〇大泉町公民館及び南別館    〇大泉町町民体育館  〇大泉町図書館  


平成29年度歳末たすけあい募金について

 平成29年度 歳末募金 大泉町支会実績(期間平成29年12月1日~12月31日)

地域募金(各世帯300円を目標にお願いしている募金)  2,911,654円           
篤志寄附                           4,797円           
町助成金(歳末たすけあい運動のための町助成金)      300,000円           
合  計                       3,216,451円

篤志寄附内訳(敬称略、順不同) 物品寄附・・・町立南小学校保健厚生部              
                       町立東小学校                   
                       スバル地域交流会

お預かりした募金は、このように使わせていただきました 

歳末見舞金として                                     
 ●生活困窮者           359人                       
 ●施設入所者           144人                       
 ●介護保険の介護度4・5の方   150人                       
 ●福祉年金受給者          10人                       
 ●障がい児者           385人                       
 (身体障がい者1級・療育手帳交付者A判定・精神保健福祉手帳1級の方)

福祉サービス事業として                                  
 ●地域福祉サービス事業(地区福祉や福祉団体等が年末、年始に行う福祉事業)  16件

 

沢山の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。

 

大泉町福祉作文・ポスターコンクール入賞作品集を制作しました

 小・中学生が、家庭や学校、社会生活のなかで社会福祉の現状や将来の夢などについて考えたり共感したりと、児童及び生徒の社会福祉に対する一層の理解と関心を高めるきっかけになればという思いを込めて、第12回ふくし作文・ポスターコンクールを開催いたしました。                   
 町内小学校4校・中学校3校から合計471点の応募があり、入賞者につきましては、大泉町社会福祉大会で表彰させていただきました。

 入賞作品集をご希望の方は町社会福祉協議会窓口までお越しください。       
 また、下記よりWeb用データをダウンロードすることができます。

 📂第12回大泉町小中学生ふくし作文・ポスターコンクール入賞作品集