お知らせ一覧

社協だより8月号を発行しました

社協だより月号(PDFファイル2.78MB)                         
          ー主な掲載内容ー

・第2回おおいずみ市民活動フェスティバル 参加団体募集 

・よぼう仙人のほっと一息(イベント・講座案内)

・朗読の会ベビーヴォイス発表会

・朗読ボランティア養成講座

       ・老人福祉センター演技座「若浪」歌謡芝居の開催

       ・老人クラブ輪投げ大会報告

                   ・・・etc

 

※画像クリックで社協だよりが開きます(PDF)    

【学生服リユース事業】体操着のリユースはじめました

 町社協では、すべての子どもたちが安心して学習に打ち込めるよう就学支援の一環として、各ご家庭で不用になった学生服を無償で提供していただき、必要な人に再利用していただく、学生服リユース(再利用)のお手伝いをしています。

 この度、従来の事業内容を拡大し、学校の体操着のリユースも始めました。

ご不要になった体操着がございましたら、必要な方に活用していただくため、是非とも社協窓口までお願いします。(御名前の刺繍がある場合でも、こちらで取り除きますのでそのままお持ちください)

皆さまのご協力をお待ちしています。

詳しくは、学生服リユース事業のページをご覧ください。


臨時職員募集

本会では、臨時職員を募集します。本会の業務に関心を持ち、地域福祉の仕事を希望されている方の申込みをお待ちしております。

ケアマネージャー

人  数   1名

月  給   180,700円

職  務   居宅介護支援事業の介護支援(ケアマネージャー)業務

勤  務   月曜~金曜 8時30分~17時15分

資  格   介護支援専門員の資格を有する方

応募方法   履歴書(写真添付のもの)および資格証の写しを町社協へ提出(郵送可)   
       ※履歴書は返却いたしません。

選考方法   書類選考及び面接

その他    採用者が決まり次第、募集終了します。

 

 

エコキャップ収集活動のご協力ありがとうございました

 平成30年度も、個人の方や町内の小中学校、企業からたくさんのペットボトルキャップの寄付をいただきました。
 皆さまからいただきましたキャップは、回収業者:「進栄化成株式会社」を通じて、NPO法人:「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」へ寄附されます。

平成30年度エコキャップ収集活動結果

収 集 個 数 684,985個
ワ ク チ ン(一人分20円で換算) 796人分

(キャップは430個で10円となり、ワクチン一人分20円で換算しています)



ペットボトルキャップ収集BOXの設置場所

〇大泉町保健福祉総合センター  〇大泉町役場  〇大泉町老人福祉センター  〇いずみの杜    〇大泉町公民館及び南別館    〇大泉町町民体育館  〇大泉町図書館  


【平成30年度】大泉社協会費実績報告

 社協は、社会福祉法109条に基づいた社会福祉法人格をもった民間団体で、行政からの公費補助や、みなさんから寄せられた会費・寄付金によって支えられています。                    
 民間組織の自主性と、広く町民や社会福祉関係者に支えられた公共性の2つの側面を持ち、その特性を生かしてみなさんとともに地域での福祉活動を進め、支援していく事業を行っています。         
 社協が福祉活動を推進していくために自主財源の確保が必要なため、活動財源を町内の方々に「会員」としてご支援いただいております。

 一般会費(年額300円)・・・・全世帯の方々                          
 賛助会員(年額2,000円)・・・有志の方                            
 特別会員(年額10,000円)・・企業等の方                           
※一般会費のうち200円、賛助会費のうち500円、特別会費のうち1,000円を地区社協に還元補助しています。

 

平成30年度大泉社協会費実績報告

一 般 会 費 2,882,300円
賛 助 会 費 2,159,000円
特 別 会 費   510,000円

  

ご協力ありがとうございました

 


【平成30年度報告】各種義援金のご協力ありがとうございました

 日赤大泉町分区では、震災等により被害を受けた地域に支援を行うため、義援金を受け付けてまいりました。平成30年度に皆様にご協力いただいた義援金の額は下記のとおりです。

  平成30年度累計額 受付期間
東日本大震災 10,000円 令和2年3月31日まで
熊本地震災害  2,492円 令和2年3月31日まで
平成29年九州北部豪雨災害  2,258円 令和2年3月31日まで
平成30年大阪府北部地震災害 24,997円 受付終了
平成30年7月西日本豪雨災害 2,803,898円 令和元年6月27日まで
平成30年北海道胆振東部地震災害 558,353円 令和元年9月30日まで

※受付期間については延長する場合がございます

〇ご協力ありがとうございました 

歳末たすけあい募金実績

期間:平成30年12月1日~12月31日

歳末募金 大泉町支会実績

募金内訳

・地域募金(各世帯300円を目標にお願いしている募金)  2,924,366円

・町助成金(歳末たすけあい運動のための町助成金)      300,000円

・篤志寄付                           2,758円

合 計                         3,227,124円  

お預かりした募金は、このように使わせていただきました

〇歳末見舞金として                                 
・準要保護家庭・・・166人        ・施設入所者・・・140人       
・介護保険の介護度4・5の方・・・37人  ・福祉年金受給者・・・6人       
・障がい児者(身体障害者手帳1級・療育手帳A判定・精神保健福祉手帳1級の方)233人

〇福祉サービス事業として                              
・地域福祉サービス事業(地区福祉や福祉団体等が年末、年始に行う福祉事業)16地区  


 沢山の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。


学生服リユース(再利用)へご協力ください

 町社協では、すべての子どもたちが安心して学習に打ち込めるよう就学支援の一環として、各ご家庭で不用になった学生服を無償で提供していただき、必要な人に再利用していただく、学生服リユース(再利用)のお手伝いをしています。皆さまのご協力をお待ちしています。

 

詳しくは、学生服リユース事業のページをご覧ください。


平成30年7月豪雨災害義援金の受付期間の延長について

 平成30 年台風第7 号及び前線等に伴う大雨災害により、西日本を中心に甚大な被害が出ました。
この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社大泉町分区では義援金(義援金名称「平成30年7月豪雨災害義援金」)を受け付けているところですが、このたび受付期間を延長することとなりました。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

受付期間:平成30年7月10日(火)から平成31年6月27日(木)


第13回大泉町福祉作文・ポスターコンクール入賞作品集を制作しました

 小・中学生が、家庭や学校、社会生活のなかで社会福祉の現状や将来の夢などについて考えたり共感したりと、児童及び生徒の社会福祉に対する一層の理解と関心を高めるきっかけになればという思いを込めて、第13回ふくし作文・ポスターコンクールを開催いたしました。                   
 町内小学校4校・中学校3校から合計464点の応募があり、入賞者につきましては、大泉町社会福祉大会で表彰させていただきました。

 入賞作品集をご希望の方は町社会福祉協議会窓口までお越しください。       
 また、下記よりWeb用データをダウンロードすることができます。

 📂第13回大泉町小中学生ふくし作文・ポスターコンクール入賞作品集(PDF2.35MB)


赤い羽根街頭募金結果

 

10月1日~2日に町内のスーパー6店舗にて、町内の中学生、大泉保育福祉専門学校学生、ボランティア協議会のみなさんのご協力のもと街頭募金を行っていただきました。また、10月14日の町民体育祭では、ぐんまちゃんが応援に駆けつけてくれました。

町内スーパー6店舗での募金額計 ・・・・ 118,311円

    町民体育祭での募金額計 ・・・・  12,212円   

赤い羽根共同募金は「じぶんの町を良くするしくみ」です

活動期間 毎年10月1日~12月31日

県内全域で集められた募金は、まず群馬県共同募金会へ送られます。その後、大泉町で集められた赤い羽根募金の一部は地域配分として、大泉町支会へ配分されます。大泉町支会への配分は、身体障がい者等紙おむつ支給事業・ひとり暮らし高齢者等の友愛訪問事業のほか、ボランティア団体や当事者団体の活動支援、民間保育園の遊具購入等に役立てられています。

赤い羽根街頭募金ご協力のお願い

実施日 10月1日(月)、2日(火)

今年も町内のスーパー等にご協力いただき、街頭募金を行います。町内の中学生や大泉保育福祉専門学校学生、ボランティア協議会のみなさんにご協力いただき2日間(夕方より)行いますので、ぜひご協力をお願いします。

 

おおいずみ限定サンバぐんまちゃんピンバッチ登場!

 

500円以上の募金で1個プレゼント

※大泉町支会(大泉町社協)窓口のみの対応となります

 

ガチャガチャ募金の設置

 

設置期間 10月1日(月)~12月27日(木)

設置場所 大泉町保健福祉総合センター町社協事務所前

町民体育祭にぐんまちゃんがやってくる!

 

日  時 平成30年10月14日(日)

場  所 南中学校校庭(町民体育祭会場)

第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画を策定しました

町及び町社会福祉協議会では、平成30年度からの5年間を計画期間とした、第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画を策定しました。
この計画は、地域の課題をそれぞれの立場の人が協力し、力を合わせて解決していく「地域ぐるみの福祉」を推進していくものです。

📄第二次大泉町地域福祉計画・大泉町地域福祉活動計画(5831KB)

基本理念

みんなで手をつなぎ、広げる笑顔の輪 おおいずみ

基本目標1  みんなでつくる福祉の はぐくみ

地域福祉を支える人づくりとして、地域福祉の担い手となるボランティアの育成や活動団体への支援など、人材の育成や活用を推進します。

基本目標2  みんなで広げる地域の つながり

活動の輪を広げる地域づくりとして、誰もが地域の担い手として主体的にふれあい、支えあいながら、活動できる地域づくりを目指します。

基本目標3  みんなで支えあって生まれる ぬくもり

必要な支援につながる仕組みづくりとして、公的な福祉サービスの量・質的な確保を図るとともに、地域での支えあいも含め、支援が必要な人を支えていける地域づくりを目指します。

基本目標4  みんなが安全で安心できるまちの やすらぎ

防災・防犯などに地域全体で取り組みながら、快適な生活環境の整備を進めるなど、地域の中で誰もが安全で安心して暮らせる環境づくりを目指します。

 

計画の詳細については、🔗大泉町役場福祉課 のページからもダウンロードいただけます。