お知らせ一覧

臨時職員募集

本会では、臨時職員を下記のとおり募集します。本会の業務に関心を持ち、社会福祉協議会の仕事を希望される方の申込をお待ちしております。

地域包括支援センター臨時職員

□応募人数 1名

□勤務条件 月17日 午前9時00分~午後5時00分の7時間勤務

□待  遇 時給897円~1,201円(社会保険加入)
     (医療・福祉関係の資格所有状況により決定します。ただし、資格のない人
      も応募できます)

□採用期間 令和4月3月31日まで

□応募要件 自動車運転免許(AT可)の資格を有する人

□職務内容 地域包括支援センター介護予防事業

□応募方法 履歴書(写真添付)を町社協まで提出してください(郵送の場合は必着)
      ※履歴書は返却しません

□選考方法 面接試験  

※詳しくは、町社協(TEL:0276-63-2294)まで


社協だより7月号を発行しました

社協だより7月号(PDFファイル1.7MB                         
          ー主な掲載内容ー

・大泉町社会福祉協議会役員・評議員紹介

・親子で避難所づくり体験イベント開催

・赤い羽根共同募金会大泉町支会地域配分申請受付のお知らせ

・よぼう仙人のほっと一息(イベント・講座案内)

       ・令和2年度決算報告

                      ・・・etc

 

※画像クリックで社協だよりが開きます(PDF)    

赤い羽根共同募金大泉町支会地域配分(小地域等福祉活動推進団体)申請受付のお知らせ

「赤い羽根共同募金」は、県民の皆様から寄せられる、福祉のための募金です。この大切な募金を使って、身近な福祉課題をみつけて・解決して・笑顔を繋げる活動をしませんか?

 

  • 事業年度     令和4年度に実施する事業に対して配分
  • 対象法人・団体  主に町内で活動する任意団体、その他本会が必要と認める法人・団体  
  • 配分対象     日常生活圏を基礎に行われる様々な福祉活動で、地域課題の解決に向けた事業費
             ・ふれあいいきいきサロン、子育てサロン事業
             ・見守り支援事業
             ・買い物支援事業
             ・高齢者、障がい者等ゴミ出し支援事業
  • 配分限度額    1申請者あたり5万円を上限とする
  • 申請方法     所定の申請様式により、県共同募金会大泉町支会に提出
  • 申請締切     令和3年8月31日(火)
  • ※詳しくは、町社協(大泉町支会)へ

新型コロナウイルス特例貸付における窓口受付時間について

 緊急小口資金貸付、総合支援資金貸付の相談につきましては、窓口の受付時間を下記のとおりとさせていただきます。
 なお、貸付の詳細につきましては 📄群馬県社会福祉協議会のページ  をご確認ください

 

 窓口受付時間  午前9:00~11:00
         午後1:00~ 3:30
※通訳(ポルトガル語・スペイン語・英語)が必要な方は、予約(0276ー63ー2294)をお願いします

 

 また、住居確保給付金の相談についても、同様の受付時間とさせていただきます。

歳末たすけあい募金実績

期間:令和2年12月1日~12月31日

歳末募金 大泉町支会実績

募金内訳

・地域募金(各世帯300円を目標にお願いしている募金)  2,815,153円

・町助成金(歳末たすけあい運動のための町助成金)      300,000円

合 計                         3,115,153円  

※篤志物品寄付・・・町立南小学校保健厚生部、町立東小学校

お預かりした募金は、このように使わせていただきました

〇歳末見舞金として                                 
・準要保護家庭・・・122人        ・施設入所者・・・146人       
・介護保険の介護度4・5の方・・・24人  ・福祉年金受給者・・・3人       
・障がい児者(身体障害者手帳1級・療育手帳A判定・精神保健福祉手帳1級の方)121人


 沢山の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。


新型コロナウイルス特例貸付における総合支援資金の再貸付について

 緊急事態宣言の延長等に伴う経済的支援策として、総合支援資金特例貸付の再貸付を全国で実施することが、厚生労働省において決まりました。
申請の受付は令和3年2月19日(金)から令和3年3月末までとなります。
 詳細につきましては 📄群馬県社会福祉協議会のページ  をご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベントの開催中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、下記のイベントを中止とさせていただきます

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

イベント名 日付
介護予防サポータースキルアップ講習会 12月21日(月)
食べて歯ッピー講座 12月22日(火)
介護『よぼう仙人』スクール ヨーガ療法教室 12月23日(水)、1月20日(水)
1月27日(水)、2月3日(水)
介護『よぼう仙人』スクール 英語教室  12月23日(水)、1月13日(水)
1月27日(水)、2月3日(水)
介護『よぼう仙人』スクール リズム教室 12月24日(木)、1月18日(月)
1月29日(金)、2月16日(火)、3月5日(金)
介護『よぼう仙人』スクール スマホ教室 12月25日(金)、1月22日(金)
2月5日(金)、2月19日(金)
介護『よぼう仙人』スクール 体操教室 1月21日(木)、2月4日(木)
2月18日(木)
ほっとカフェ 1月15日(金)、2月16日(火)
3月12日(金)
オレンジカフェ ひだまり 1月29日(金)、2月19日(金)
3月19日(金)
もっと元気づくり講座 1月19日(火)、1月25日(月)
2月2日(火)
ケアマネジメント連絡会 1月20日(水)、3月17日(水)
自立支援型地域ケア会議 2月12日(金)

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響による特例貸付のご案内

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)について、特別措置が設けられました。
 社会福祉協議会を窓口として、休業や失業により生活資金でお悩みの方々に向けた特例貸付を実施していますので、お申込の際は 📄群馬県社会福祉協議会のページ をご確認ください。

老人福祉センター輪投げ大会中止のお知らせ

 軽スポーツ大会(輪投げ大会)は新型コロナウイルスの感染症拡大防止と参加者の皆様の安全を考慮し、今年度は開催中止とさせていただくことになりました。開催を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます
※お問い合わせは、老人福祉センターへ(TEL:0276-63-3555)  

歳末たすけあい見舞金贈呈事業申請のお知らせ

 大泉町における「歳末たすけあい運動」は、新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるよう、住民の参加や理解を得て様々な福祉活動を重点的に展開するため、募金の呼びかけや※見舞金贈呈、地域での福祉事業を実施しています。

※平成30年度より申請をいただいた対象者のみ歳末たすけあい見舞金贈呈となりました。条件に該当し、見舞金を希望される方は、申請手続きを行ってください。

 

申請受付期間   ・・・令和2年11月2日(月)から30日(月)まで(必着)

申請・お問合せ先 ・・・大泉町社会福祉協議会(0276-63-2294)受付日時 月~金 8:30~17:15

申請方法等、詳しくは📄こちら(PDFファイル811.7KB) より案内及び申請書(A3用紙)をダウンロードしてください。

大泉町社会福祉大会・保健福祉まつり中止のお知らせ

 本年度11月に開催を予定しておりました大泉町社会福祉大会・保健福祉まつりですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と参加者・出展者の安全を考慮し、中止といたします。              ご参加・ご出展をいただいていた皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんが、ご理解をお願いいたします。  

令和2年7月豪雨災害義援金の受付を開始しました

 令和2年7月3日からの大雨により、九州を中心として広域にわたり甚大な被害が生じています。
日本赤十字社では、現在、医療救護活動や救援物資の配布などの救護活動を展開しています。
 また、この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり義援金(義援金名称「令和2年7月豪雨災害義援金」)を受け付けています。
 お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて被災者へ配分されます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。


■受付場所      大泉町社会福祉協議会                           
■受付期限      令和2年12月28日(月)まで                      
■義援金箱設置場所  大泉町役場及び大泉町社会福祉協議会

※領収書が必要な方は町社会福祉協議会窓口まで直接ご持参ください。

義援金は、個人については、所得税法第78条第2項第1号、地方税法第37条の2第1項第1号及び第314条の7第1項第1号に規定する寄付金、法人については、法人税法第37条第3項第1号の規定に基づく寄付金に該当致します。

生活再建つなぎ資金貸付事業

 群馬県社会福祉協議会で行っている「新型コロナウイルス緊急小口資金特例貸付」を申込んだ世帯で、貸付資金が送金されるまでの間、必要な生活費としてつなぎ資金の貸付けを行います。
 ➡「新型コロナウイルス緊急小口資金特例貸付」についてはこちら


○受付開始日
 4月27日(月)

○受付窓口
 大泉町社会福祉協議会(大泉町保健福祉総合センター内)

〇対象世帯
 「新型コロナウイルス緊急小口資金特例貸付」を申込んだ世帯で、貸付資金が送金(1週間程度)されるまでの生活費が必要な世帯

○貸付上限
 原則として一人当たり3万円以内。ただし、「新型コロナウイルス緊急小口資金特例貸付」申込額を上限とする。
 

 ※詳しくは 📄パンフレット(PDFファイル237KB)  をご確認ください

 

お問合せ

大泉町社会福祉協議会(大泉町保健福祉総合センター内)
電話:0276-63-2294
受付時間:月~金曜日(祝日除く)8:30~17:15


第14回大泉町福祉作文・ポスターコンクール入賞作品集を制作しました

 小・中学生が、家庭や学校、社会生活のなかで社会福祉の現状や将来の夢などについて考えたり共感したりと、児童及び生徒の社会福祉に対する一層の理解と関心を高めるきっかけになればという思いを込めて、第13回ふくし作文・ポスターコンクールを開催いたしました。                   
 町内小学校4校・中学校3校から合計345点の応募があり、入賞者につきましては、大泉町社会福祉大会で表彰させていただきました。

 入賞作品集をご希望の方は町社会福祉協議会窓口までお越しください。       
 また、下記よりWeb用データをダウンロードすることができます。

 📂第14回大泉町小中学生ふくし作文・ポスターコンクール入賞作品集(PDF2.35MB)


【学生服リユース事業】体操着のリユースはじめました

 町社協では、すべての子どもたちが安心して学習に打ち込めるよう就学支援の一環として、各ご家庭で不用になった学生服を無償で提供していただき、必要な人に再利用していただく、学生服リユース(再利用)のお手伝いをしています。

 この度、従来の事業内容を拡大し、学校の体操着のリユースも始めました。

ご不要になった体操着がございましたら、必要な方に活用していただくため、是非とも社協窓口までお願いします。(御名前の刺繍がある場合でも、こちらで取り除きますのでそのままお持ちください)

皆さまのご協力をお待ちしています。

詳しくは、学生服リユース事業のページをご覧ください。